調査隊、報告!「設備&素材」 徹底取材編&知っ得講座編

設備&素材の情報を発信するブログです。 設備選びの目安としてもらうために、ショールームで取材してきた各特長を報告する【徹底取材編】と、それに関する お役立ち情報~コア情報などを報告する【知っ得講座編】があります。家づくりの知識としてタメになると思いますよ♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  是非お寄りください

↓↓↓ 今回の取材報告 ↓↓↓

● 性能軽視?不思議な補助金制度・前編 ●

前回は中国製と日本製の太陽光発電の性能と保証期間について
お伝えしましたが、今回は費用について簡単な比較をしてみたいと
思います。

まずは国内主要メーカーの費用について、比較してみましょう。

【メーカー名】 【公称最大出力】  【税抜価格】  【3Kwに換算】
 シャープ      153W      69,000円   約135万円
 京セラ        183W     106,200円   約174万円
 サンヨー       210W     143,000円   約204万円

続いて、中国製の太陽光発電についてみてみましょう。

 サンテック      175W     113,750円   約195万円

パネルの大きさは各メーカーで異なる上に、屋根の形状によっても
変わってくるため、全く同じKwで揃えることはできないのですが
ここでは単純比較ということで、1枚のパネルに対する最大出力や
価格から、3Kwにおける概算の金額を算出してみました。

ちなみにこの価格はメーカー定価なので、設置業者により実際の
価格は異なり、更に設置費等も別途必要になってきます。

そこで大よその追加費用としてかかる費用を、仮に60万円とすると…

シャープ ⇒ 約195万円
京セラ   ⇒ 約234万円
サンヨー ⇒ 約264万円
サンテック⇒ 約255万円

となります。
ただ実際には、『 国の補助 = 1Kw当り70,000円 』の恩恵を
受けやすいメーカーは、シャープと(恐らく)サンテックで
京セラはKw数が大きくなれば対象、サンヨーは難しいのが
現状です。

なぜそんなことが起こるのでしょう?
そこには国の補助に、【 ある条件 】があるからです。
その内容がクセ者なのですが、詳しくは次回お伝えします。
ではまた。

 最後までご覧いただき、ありがとうございました!
 これからも応援よろしくお願いします! m(_ _)m
設備建材素材お得情報設備建材素材お得情報設備建材素材お得情報設備建材素材お得情報
FC2 Management
  是非お寄りください

↓↓↓ 今回の取材報告 ↓↓↓

● 最大手の家電量販店が販売している中国製の太陽光 ●

皆さんご存知の通り、今や日本は『 エコ 』や『 省エネ 』
の言葉を聞かない日はないくらい最も関心が集まっていて、
関連する商品は家電や車に至るまで様々あります。

住宅業界も例外ではなく、これらに関する商品や設備が
市場に広がりつつある中、今最も勢いのある設備と言えば
【 太陽光発電 】なのではないでしょうか。

そこで今回からその、【 太陽光発電 】にスポットを
当ててみたいと思います。

まずは世界における太陽光生産量メーカー別の順位を見てみましょう。

1位 Qセルズ(独)
2位 ファーストソーラー(米)
3位 サンテックパワー(中)
4位 シャープ(日)
5位 モーテック(台)

こうして見るとアジアの国が3ヶ国も入っており、
省エネ設備を牽引していることが分かります。
その中で、国内最大手の家電量販店が販売している太陽光発電は
3位のサンテックパワー社製になります。

確かに日本のメーカーと比べると低価格が魅力ですが、
肝心の性能や保証はどうでしょう。

              【 出力下限値 】    【 保証期間 】
サンテックパワー     2.88Kw        25年間
日本のメーカー      3.24kw        10年間

                 ※公称最大出力4kwの場合で算出

あくまでメーカーが挙げている数値を基に算出した参考の下限値ですが、
日本のメーカーに比べてサンテックパワーの出力は大体89%ほどになる
見込みです。対して、保証の期間は2倍以上あるので安心感はあります。

ただパネル自体は高寿命化になってきているので、恐らく日本のものも
保証期間は過ぎてしまいますが、下限値の出力は維持できると思われます。

こうなると、出力が多少低くても費用と補助金に関して優位な方を
選びたいところですが、これにも色々とポイントがあります。
次回はその辺りをチェックしたいと思います。
ではまた。

 最後までご覧いただき、ありがとうございました!
 これからも応援よろしくお願いします! m(_ _)m
設備建材素材お得情報設備建材素材お得情報設備建材素材お得情報設備建材素材お得情報
  是非お寄りください

↓↓↓ 今回の取材報告 ↓↓↓

● 狭い所に『一番』適した洗面化粧台 ●

取材報告もだいぶ、ご無沙汰しちゃいました (^^;
充電期間を通り越して、放電していました (汗

ご覧の方の中には、

『前の記事を読んで、一番コンパクトな洗面化粧台はもう分かっているよ!』

とおっしゃるかと思いますが予告した手前、書かない訳には
いかないので、お付き合い下さい (←本音は、ネタ練り込み不足のため)

前回までで7社のエントリー洗面化粧台をご紹介しましたが、
(未読の方は → TOTOINAXTOSTEMヤマハ
                    ・ パナソニッククリナップサンウェーブ

それではこの中から、【 BEST3 】を発表しましょう!

まずは、第3位!
⇒パナソニック代表 アクアファニチャー/カウンタースタイル・ドレッサータイプ
  記録    幅 : 52.5cm  奥行 : 43cm
  コメント   カウンターをカットしての幅ではありますが、自在性に加えて
         インテリアに合うデザイン性あるボールも魅力の洗面台です。


続いて、第2位は同着です!!
⇒クリナップ代表 陶器ボウル・BTSシリーズ
                      & サンウェーブ代表 タフィア・Vシリーズ
  記録    幅 : 50cm   奥行 : 40cm
  コメント   どちらもコンパクトで殆ど同じデザインですが、収納ユニットに
         加えて小物置きや鏡もあるので、使い勝手のよい洗面台です。


そしていよいよ、第1位の発表です!!!
自主開催の、【コンパクト洗面台選手権】で栄冠に輝いたのは・・・
⇒INAX代表 リフラ
  記録     幅 : 60cm   奥行 : 37cm (恐らく業界最薄!)
  コメント   幅だけ見ると前述した3機種よりありますが、際立つのはその薄さ!
         このサイズだと廊下においても約41cm空くので立ちやすく、また
         化粧台の基本的な機能も揃っているので、狭い所に最適な洗面台です。

いかがでしたか?
2階のちょっとしたスペースや室内に置く洗面台の、ご参考になれば幸いです。
ではまた。

 最後までご覧いただき、ありがとうございました!
 これからも応援よろしくお願いします! m(_ _)m
設備建材素材お得情報設備建材素材お得情報設備建材素材お得情報設備建材素材お得情報
  是非お寄りください

↓↓↓ 今回の取材報告 ↓↓↓

● 新しい三面鏡の形 ●

まずは、『鏡の使いやすさと収納』にこだわりのある、【プチポイント】について
見てみましょう。

プチポイント1 : 鏡を開け閉めしないで物が取り出せる&手前に動かして
            使いやすいポジションにセットできる、【マルチミラー

⇒ 従来の三面鏡は縦に区切れている形でしたが、こちらは横に一カ所
   区切れているので、鏡の角度調整を使う人ごとに調整できて◎

プチポイント2 : 使っている化粧品や整髪料を、ちょっと置きたいときに
            便利な、【サポートカウンター】

⇒ 鏡の一部が片手で簡単に引き出せて、小物を置く台に早変わり!
  コンタクトレンズのケースなど小さいものを置くのに、とても便利♪

プチポイント3 : 新しいアイデアと整頓力がある収納2タイプ、
           【スマートドロアー】&【スマートポケット】

⇒ 奥行のスリムなカウンターで小物をキレイに整頓できる、【整頓専科】と
   スッキリ片づく、【ミニパタくん】。どちらも使いやすさと整頓しやすさを
   重視したアイデア満載!

続いては、2Fの廊下など狭い場所に向いているタイプの
【コンパクト洗面台選手権】エントリー品ご紹介です。

選手名 : タフィア・Vシリーズ
  幅   : 50cm
奥 行  : 未確認
高 さ  : 未確認

コンパクトな間口に加えて、3タイプの水栓と2色のボウルから
選べるのがポイントです。

次回の【取材編】は洗面化粧台の総集編として、【コンパクト洗面台選手権】の
結果報告をします。ではまた。

 最後までご覧いただき、ありがとうございました!
 これからも応援よろしくお願いします! m(_ _)m
設備建材素材お得情報設備建材素材お得情報設備建材素材お得情報設備建材素材お得情報
  是非お寄りください

↓↓↓ 今回の取材報告 ↓↓↓

● デザインと収納量を兼ねた仕様 ●

ズバリ-1 : キッチンのパタパタくんを応用し、使いやすさと整頓しやすい
         収納スペースを考えた、【コンポーネント洗面化粧台

ズバリ-2 : 水じまい抜群のなだらかなR形状のボウルに加えて、両サイドの
         幅がたっぷりあるので化粧品も置きやすい、【スマートカウンター】

ズバリ-3 : 暮らし方にあわせて、ボウルのデザインや素材・カラーが
         豊富な中から選べる、【スタンダード洗面化粧台】      

要点のみズバッ!とまとめましたが、いかがでしたか?
次回は、【プチポイント】と【コンパクト洗面台選手権】について
お伝えします。ではまた。

 最後までご覧いただき、ありがとうございました!
 これからも応援よろしくお願いします! m(_ _)m
設備建材素材お得情報設備建材素材お得情報設備建材素材お得情報設備建材素材お得情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。